2016年2月5日金曜日

シックハウスは何も解決されていないのでは?

シックハウスは何も解決されていないのでは?
高断熱・高気密・自然素材でTVOCが軽く基準オーバーの現実
VOCの中でホルムアルデヒドだけがクローズアップされていますが、アセトアルデヒドやバラジグロベンゼンなどの数値が基準以上の住宅が多く建っています。新しい断熱材の施工翌日など軽くバラジクロベンゼンの基準を超えている例が多々あります。
ある県で展示場のモデル住宅、今はやりの温熱環境を考えた高断熱・高気密住宅で、自然素材一杯の家が、実はTVOCの数値が基準の6倍や4倍の住宅があることがわかっています。アルファ―ピネンの数値が高いことも影響していますが、全体で軽く基準を超えている現実をよく知ってもらいたいと思います。
密閉されているだけにこの数値の異常さは怖いものがあります。
シックハウスは何も解決していないといえます。
〇〇工法が良いというものではなく、空気を良くする技術が必要のようです。完全にクリアーした住宅がありますが、それは特殊な抗酸化技術が施されたものです。
自然素材を使うとか、換気扇をつければ良いというものではなく、完成後にVOC空気測定をするべきではないでしょうか?
測定し、基準内であるということがわかれば安心できる住宅といえます。
温熱環境をよくすること、これはとても重要であることは言うまでもありません。しかし、これで健康すべてクリアーというのははなはだ疑問です。測定をして基準をクリアーした安全な健康住宅であるとすべきではないでしょうか。
長井克之

2016年2月2日火曜日

健康は温熱だけでいいのだろうか?

健康は温熱だけでいいのだろうか?


最近、温熱環境をよくすると健康になるという動きが活発ですが、本当にこれで良いのだろうか、実に疑問です。住宅会社の営業の前線では、まことしやかに温熱環境を良くすれば健康になるというPRがなされていますが、ユーザーを欺く過剰宣伝になっている企業があるといわざるを得ません。ヒートショックをなくすことやアレルギーを改善することなどは事実ですが、健康はもっと奥が深いもので、真剣に詰めなければならないテーマです。第二のシックハウス問題(抜け道だらけ)にならなければよいがと心配しています。


長井克之

2016年1月18日月曜日

ブラックジョークか?パロデイーか?
自宅近くに施工されている汚い現場です。左の写真の会社は日本の有名会社です。玄関に貼ってある標語がビックリです。「現場きれい№1宣言」と表示してあるのです。現場汚い№1と思わず読み間違えるほどです。右の写真は活躍中のパワービルダーですが、「一日2回掃除で日本一きれいな現場を目指す」と表示がなされていました。トイレが大きく傾いてあるところに表示のポスターが貼ってあるのにはあきれました。
会社は表示するとか宣言するとか平気でしますが、現場は全く別物です。今の住宅現場は悲しいものがあります。杭偽装が問題になりましたが、住宅現場も全く同じレベルです。
このような汚い現場での住宅は「家が泣いている」としか言いようがありません。入魂の施工がなされていないのですから、その家に気が宿ることはありません。住まう方がかわいそうです。
消費税後の住宅着工が減る時代に向かいますが、このような現場は社会悪として天罰が下るようになるでしょう。改めてほしいものです。

2016年1月17日日曜日

技術革新はすごい

水の実験結果です。調査・研究した結果、決断した浄水器の水の塩素確認の実際です。敷地内の本館につけた浄水器の効果は驚くほどです。普通の水道水と、浄水器による水の塩素試薬による反応確認のものです。左が水道水で、右が浄水器のものです。驚くのは色だけでなく、味もまろやかさも大きくことなります。消毒殺菌には塩素は必要ですが、実際の使用時にはこのような浄水器を使うことも一方法だと思います。大好きなコーヒーとお茶が大変おいしく飲めることと、ふろの湯やシャワーがまろやかで大変気持ちが良いものです。技術革新はすごいですね。空気は日本で一番きれいであると自信を持っていましたが、水もこれでやっと成就できたので、真の健康住宅には一歩近づくことができたかなと喜んでいます。

2016年1月6日水曜日

新年あけましておめでとうございます

住宅関係者各位
新年あけましておめでとうございます
 2016年がスタートしました!
皆様お健やかにに新春をお迎えのことと存じます
今年は、選ばれる会社となるための熾烈な競争が起こってきます。消費税10%時代となる2017年4月に向けて、今年は駆け込み需要、そして受注ダウンと大きな波がくることが予測されます。このような時代を見据えてしっかりとして対応する、本当の正念場となります。今年はこの大激変の時代への対応を真剣に考えながら、受注と受注残確保を目指していくことです。
そこで、2016年の住宅産業塾年間テーマは、以下のようにしました。
「2016年は、受注、受注、受注、そして受注残確保!」
今年の10月までは受注と受注残確保にしっかりと取り組み、その後の市場の冷え込みに耐えられるよう準備をしてください。そして、マーケットが縮小していく中でもその逆境をチャンスと捉え、顧客が価値を認めてもらえるような会社となるように、仕掛けや発信、ブランドづくりをおこなってください。そのためには、他の業態とのコラボなども有効になりますので、幅広い視点から考えてみてください。
これからの時代は、見方を変えれば大きなチャンスと捉えることが出来ます。理念経営に基づき「商品×戦略×ビジネスシステム×徹底実践」を明確にして、常に強気で経営にあたり行動に移すことを肝に銘じ、さらに地域のそして顧客に必要とされる工務店・ビルダーに飛躍されることを願っています。
皆様にとって、今年は発展できる良い年でありますように!
住宅産業塾 塾長  
長 井 克 之

2015年1月8日木曜日

現場きれいコンテストに参加の企業に感謝。本当に素晴らしい!

昨年9月から開始していた現場コンテストの最終審査を終えました。エントリーしていただいた企業の現場を専門審査員に審査していただいたものですが、一次審査では全く差がなく、二次審査でもほとんど差がなく、素晴らしすぎて担当する審査員を相当悩ませたものです。

今日、塾長の私と審査員と一緒に慎重に審査内容を確認しながらチェックをしました。現場も見てはいますが、本当に感心するくらいに素晴らしい内容でした。

現場きれいは当然こと、汚さない配慮、そして現場を商品・展示場にする演出、お施主様に対するもてなし・配慮と、現場から見込み客が発見できているか、またお施主様から紹介をいただけているかも評価ポイントにしました。

最後に残られた5社と、狭小敷地で見事に対応されている企業、安全では群を抜いて対応されている企業、本当に頭が下がります。社長・幹部・担当者・業者の方々の真剣な取組がなければできるのもではありません。ここまでやってくれたのかと感謝・感動です。

もともと住宅産業塾は日本で一番厳しい良品質実現と魅せる現場づくりに臨んできましたが、ここまできれいを実現してくれているのかと感動するばかりです。

この現場きれいがブランドになり、顧客創造につながり、特命率70%になると確信しています。

1月23日に新春セミナーの時に結果発表しますが、その内容をご覧になるとビックリされることだと思います。ド真剣に打ち込まれた現場きれいを見ていただきたいものです。

                                         2015年1月7日
                                         住宅産業塾塾長   長井克之

2015年1月7日水曜日

良い年になりますように!

明けましておめでとうございます。

今年は大激変な年になりそうです。世界も日本も大きく変わっていく環境の中にあります。
その中で、しっかりと腰を落ち着かせて重点思考・志向で臨まなければなりません。

今と未来へもつながる考えとして
「顧客の創造~新業態開発とらしさの再設計・再構築」に尽きると思います。

顧客づくりがすべてです。顧客の価値創造で顧客をつくり続けることです。
今までのやり方を冷静に分析し、顧客と商品を結びつける方法をとことん追求し実践することが必要です。
そして他社になく自社にしかないもの、もしくは他社にあっても自社の方がずば抜けてすぐれていることの「らしさ」を強化することです。

顧客が認め「らしさ」のある強い企業は良い時代を迎えたことになります。市場が厳しくなるということで小さくなることはありません。変身・強化できる企業はそう多くなく、「らしさ」のある企業にとってはチャンスの時が来ているといえます。

「顧客の創造~新業態開発とらしさの再設計・再構築」をして良い年にしてください。

                                        2015年1月7日
                                      住宅産業塾塾長  長井克之